いつ誰が発症してもおかしくないヘルペス

ヘルペスですが、再発については覚悟しておくことも大事といえます。再発覚悟なんてなんだかいやな響きですがヘルペスの菌は再発しやすいものとなっており、注意が不可欠です。

ヘルペスについては乳幼児に感染しているといわれており、70%近い人が菌を保有しているそうです。それこそいつ誰が発生してもおかしくない病気の1つなのです。

ヘルペスが発生したら、「やはり自分も菌を持っていたのか」と思うくらいの気持ちでいたほうがいいかもしれません。

これほど多くの人が感染する病気なので、薬についてもあるといいのですが完治する薬については存在していません。そのため発生したら、それを抑える薬を処方してもらうしか方法はないのです。

完全に菌を治す薬がないので、今のところそれ以外の処置がないのが事実です。悲しいですが、これは受け止める必要があります。

ヘルペスですが、再発覚悟といわれるのはこうした形で特効薬がないことも大きな原因です。いつの日かヘルペスの菌を完全に除去できる特効薬が開発されることを願うばかりです。

菌についてはやっかいなものであり、中には命を奪うものもありますが幸いヘルペスはそこまで強烈な菌ではありません。ただしつこい菌なのでそれこそずっと付き合っていかなければならない菌の1つといえます。

ジュエル