大抵幼い頃に感染するヘルペス

「ヘルペスを発症した」といった人の中には、ショックを受けられている方もいることと思います。

ヘルペスですが、自分ではいつ発症したかわからない人がも少なくありません。またヘルペスはすでに菌を持っている人が発症しやすく、自分が菌を持っていたなんだと驚かれる方もいることでしょう。

ヘルペスに関しては他人事ではない病気であり、誰しもなる可能性があります。また特に遺伝の確立は高いといわれています。ヘルペスですが赤ちゃんのころに感染する確立が高いようです。

赤ちゃんについては生後3ヶ月までは特に、母親からもらった免疫が備わっているので病気もしにくくなっています。

いつとは明確にいえませんが、多くの人は乳児期に感染しているといわれています。乳児期に感染しているとなれば、かなり前に感染していることがわかるかと思います。

ただし発症については出る人もいれば、出ない人もいます。その人の環境や体調、そして体質にもよります。体質については遺伝性も多いことから、遺伝についても目を配りたいところです。

遺伝についてはそれこそどうすることもできないものの1つです。家族でヘルペスの人がいる場合、自分もなる可能性があるかもと思っておいたほうがよいでしょう。

ジュエル